アトピー肌の保湿について

アトピー肌で、特に顔の乾燥が気になるので、保湿にはとても気を付けています。

 

入浴後はすぐ、顔は拭かずに濡れている間に、化粧水を数回重ねづけして、その後オイルをつけてよく馴染ませます。

目元、口元は特に念入りに、こすらず手のひらで押さえるような感じで馴染ませます。

このようにすることで、翌朝の肌のさわり心地がしっとりとしていて全然違います。

 

朝、顔を洗う時は石鹸は使わず、こすらず顔を濡らすような感じで、50回ほど顔にぬるま湯をかけます。

その後は入浴後と同じように、濡れている間に化粧水とオイルを付け、日焼け止めを下地として塗り、化粧をします。

化粧をする前にこのようにすることで、化粧がのりやすく、崩れにくく1日過ごせます。

 

アトピーが出ていない、肌の調子が良い時に丁寧に保湿のケアをすることが、調子よく過ごせるために大事なことだと思います。

体は、汚れが軽い時には石鹸で洗うのは、脇の下、足、お尻だけで、あとはお湯で洗うだけにして、体も入浴後にすぐローションで保湿するようにしています。