油をたっぷり使ったものは食べないようにしています

脂ものを食べすぎてしまって体調を崩すことが多かったので、最近はそうならないように気をつけていますよ。

天ぷらが大好きで天ぷらにソースをたっぷりつけて食べるのがお気に入りなんです。天ぷらにソースをかけるなんて珍しい食べ方だとよく言われます。

あとは白いご飯に具だくさんのお味噌汁があれば満足です。

 

こういう食事が好きだと胃がもたれやすくなります。年と共に何となく消化に時間がかかっているような胃がスッキリしない感じがあるのです。

そういったことが油を使う料理を食べる度に気になるようになったので天ぷらなどを食べないようにしています。あっさりと天つゆで食べるならまだ胃の負担が少ないとわかっているんですけどね・・・。

 

健康な状態を長く保つためには胃も健康でなくては・・・。

胃が弱くなると身体全体の調子が崩れるので油をたくさん使った料理は避けています。唐揚げも中華料理も食べないようにしてあっさりとした和食中心にしていますよ。

 

日付が変わらないうちに寝ること

健康のために気をつけていることは深夜まで起きていないということです。

最近は深夜番組が面白くないので早めに寝るようになりましたが、昔は深夜番組が面白くて夜更かしが習慣になっていました。夜更かしが習慣だなんて不健康ですね・・・。

 

若かったから夜更かしを続けても翌日仕事ができましたが、今はさすがに同じようにはいきません。1日でも夜更かしをすると翌日身体が重いです・・・。

だからできるだけ早く寝られるように、夜になるとどのタイミングで寝ようかそればかり考えています。

 

できるだけ日付が変わる前に寝るようにしています。どこかで区切りを付けないと昔のクセでずるずると夜更かししてしまうので・・・。

切りが良い時間は夜の12時。日付が変わる前に布団の中に入れば翌朝苦労しなくても起きられます。

 

健康のために我慢ばかりしているのもどうかと思うけれど、それでも年齢を重ねたら早寝早起きが1番の健康法じゃないかな~と考えています。

 

スクワランオイルでしっとり肌が続く!

乾燥肌対策のためにかなりしっとりタイプのスキンケア用品を使っていましたが、お昼くらいになるとすでに目元や口元などはカサカサしてシワっぽくなってしまっていました。

特に秋から冬にかけては乾燥が激しくなり、夜寝る前にはしっとり系のクリームをベタベタ塗り、なんとか翌朝までしっとり感が続いてくれる程度でした。

 

そんな時に知り合いに勧められて使ってみたのがスクワランオイルです。

今は化粧用のオイルが色々と出回っていますが、スクワランオイルはその中でもつけた感じが一番軽い感じで、使いやすかったです。軽い使用感なのにしっとり感は抜群で、朝つければ夕方までしっとりした肌が続いてくれます。

 

使い方はとても簡単で「濡れた状態でつける」だけです。

夜お風呂で洗顔した後、濡れた状態の顔に濡れた手でオイルをほんの少量塗ります。その後タオルで水気を優しく拭き取ります。

そしてその後に化粧水など普段のスキンケア用品をつけます。

 

スクワランオイルは皮脂の成分と似ているため塗っても毛穴をふさがずに、むしろその後につける化粧水などの肌への浸透を助けてくれるすぐれものです!

水分も油分も一緒に補えるので、肌本来の力がUPして、しっとり感をより長くキープすることができるので、高い保湿クリームも必要なく経済的にもとても助かっています。

 

脱毛エステと脱毛用器具

私は頻繁に電車を利用します。すると脱毛エステの広告を電車の中のあちらこちらで見かけます。中には身体のとある部分の脱毛を無料で行ってくれるというサービスが書いてあったりします。

しかしながらどうなんでしょう。膝下など微妙な位置しかやって貰えない事です大半で、私の一番の悩みの種である脇毛処理は大抵扱っていません。

そういった対象外の部位をやる為にはエステに通う必要があるので結局は高額な資金を投入しなければならないのでしょう。

 

また、無料体験は1度きりなのでしょうか?そうであるならば結局はそれでは処理しきれません。

そのためこれまで通りカミソリなどを自分で使って処理をするかエステに通い続けなければならないという悲しい結果となる事でしょう。無料体験に釣られてしまうのも考えものです。

 

エステ業界が開発または店舗で使用している脱毛器もまた時々通販などで見かけます。それらでしたら1度購入してしまえば自宅で何度も使用出来てお得かと思います。

しかしながら、1度電気屋さんで試しに使用した所あまりの熱さと激痛でとても使用出来るものではありませんでした。ムダ毛も残っていました。

こういう器具も1度は必ず試してから買わないといけないと思います。

 

アトピー肌の保湿について

アトピー肌で、特に顔の乾燥が気になるので、保湿にはとても気を付けています。

 

入浴後はすぐ、顔は拭かずに濡れている間に、化粧水を数回重ねづけして、その後オイルをつけてよく馴染ませます。

目元、口元は特に念入りに、こすらず手のひらで押さえるような感じで馴染ませます。

このようにすることで、翌朝の肌のさわり心地がしっとりとしていて全然違います。

 

朝、顔を洗う時は石鹸は使わず、こすらず顔を濡らすような感じで、50回ほど顔にぬるま湯をかけます。

その後は入浴後と同じように、濡れている間に化粧水とオイルを付け、日焼け止めを下地として塗り、化粧をします。

化粧をする前にこのようにすることで、化粧がのりやすく、崩れにくく1日過ごせます。

 

アトピーが出ていない、肌の調子が良い時に丁寧に保湿のケアをすることが、調子よく過ごせるために大事なことだと思います。

体は、汚れが軽い時には石鹸で洗うのは、脇の下、足、お尻だけで、あとはお湯で洗うだけにして、体も入浴後にすぐローションで保湿するようにしています。